木ヲ見テ森ヲ見ズ 伊豆大島

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆大島

伊豆大島は寒かった!
主に山にいたからかもしれないけれども・・・。
初日着いてレンタカー借りて島をぐるっと1周。
岡田港→三原山山頂口→裏砂漠(大島大砂漠)→波浮→千波地層切断面をながめつつ元町へ。
何がすごいって砂漠です。「大島大砂漠」というバス停があるのですが、そこの周りは建物もほぼなく、人もほとんどいない!遊歩道があるところへ行く道で車1台すれ違わない。1時間強歩いたのですが人もいない! 遠くで作業している「地質研究所」の人は目撃しましたがそれだけ。ここは黒澤映画の「乱」の舞台としても使われたところ。月の場面でよく使われるそうですよ。スケールの大きな自然に遭難しそうになりました。

宿は「MASHIO」 さん。全部で3室しかないホテル。まだ7年しかたっていないとの事で綺麗で快適。ご飯がちょうどよい量でしかもおいしい。正月に泊まったホテルの一人分強のお値段でしたが俄然こっちがよかったですよ。温泉がないのが残念でしたけど、とてもいいホテル。お勧めです。お部屋のお風呂で大島牛乳をつかったバターミルクバスを体験。山と海をみながらのんびりお風呂。朝には大きめ貸切風呂に入ったのですが、鳥のさえずりを聞きながら桜をみながらの入浴は極楽でした。お部屋から見える大島桜は5部咲きくらいが数本。もっとたくさんの桜の木があるらしいのですが、満開の時期に重ならなくて残念。

二日目は「お鉢巡り」がメインです。ホテルの車で山頂入り口まで送ってもらってそこから火口まで45分・火口をぐるっとまわるのに55分・山頂入り口にもどるのに45分。歩いた歩いた!強風で飛ばされそうになりながら楽しく歩きまくりました。

そうそう。行きのジェット船はほとんど揺れず快適快適。あっというまの2時間でした。帰りのプロペラ機は東京に近づいたら徐々にゆれ始め、結構ドキドキ。でも街が本当に近く見えて、乗り物が平気な人なら楽しいですよ。窓ガラスがこんなにうすくて大丈夫なの?とかドキドキしながら乗るのもまた一興です。ふふふふ。


大島 ←クリックすると少し大きくなりますよ

写真はイロイロまじってますがジェット船もちいさくあります。ちなみに夕焼けはホテルの部屋から見えたもの。伊豆半島に沈む夕日が本当に綺麗でした。

伊豆大島の人はぶっきらぼうな感じがしてそれもまたヨシな気がします。ああ、また行きたい!新緑のころに行きたいな~。すごく気持ちがいいに違いない!でも虫が・・・そこだけが不安材料。ううっ。

いつか伊豆七島制覇するぞ!という新たな野望ができました
スポンサーサイト

Comment

おー!伊豆大島!
楽しかったかー。ステキだったかー。
ジェット船も!
寒かったのは少し意外だわねー。
宿もステキだったみたいだし、七島制覇したくなるほどよかったんだね。
今まで伊豆七島は旅行先の選択肢に入ったことなかったけど、調べてみようかしら?

楽しいよー!オススメ!
夏の海とか気持ちいいと思うよ。すごい綺麗だったし。

ただあれですよ。
蘇る奥多摩の夜・・・
虫の量は半端ないってホテルの人が言ってたよ・・・。

リゾートとはそういうものなのだ!と割り切って楽しめる人間に成長したいです。うう。

うおー。
半端ない量の虫!!
それは無理かもなぁ…でも、それを気にしない度量(度胸?)がないとリゾートはだめなのかぁ…。 
うー、がんばる!と言えない自分がいる…(奥多摩の夜を回想)

いやー・・・あれは・・・・・・。
がんばれないっ><

だよねー。
私もがんばれない…きっと。
非公開コメント

ひとくち支援の会
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
公演情報
プロフィール

緑

Author:緑
古巣は<コチラ

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ヨクミルトコロ
コレカラミルモノ
5/8 ノウ
5/21 ナイロン100℃
「黒い十人の女」
6/12 ノウ
6/26 オクカワコウジノカイ
今読んでる本
緑の今読んでる本
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グリムス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。